大阪歯科帝塚山スマイルデザインクリニック

トップページ医院案内診療内容インビザラインアクセスお問い合わせ
前歯の形がギザギザになるのはなぜ?原因や治し方について解説

前歯の形がギザギザになるのはなぜ?原因や治し方について解説

「前歯がギザギザで恥ずかしいから治したい…」
「子供の前歯がいつまで経ってもギザギザだけど放っておいて大丈夫?」
「前歯のギザギザは歯医者さんで削ってもらえますか?」

前歯がギザギザな状態、ギザ歯などとも呼ばれますが、目立ちやすい前歯のことなので気にしている方は多いかと思います。実際に当院にもこのような症状でご来院くださる方はおられます。

このページでは、前歯がギザギザで気になる、という方に向けて以下のような内容を解説します。




ご自身の前歯がギザギザでお困りの方、お子様の前歯がギザギザで不安な方、みなさまのお役に立てる内容なので、ぜひご覧ください。

また今すぐギザギザの前歯を治したいという方は、是非当院にお越しください。大阪は帝塚山の当院スマイルデザインクリニックでは、前歯の治療を検討中の方への無料カウンセリングを実施しております。カウンセリングでは患者様がご納得の上で治療を受けられるように、どんな踏み込んだご質問にも、誠心誠意回答させていただいております。ぜひ当院のカウンセリングをご活用ください。


目次:前歯の形がギザギザになるのはなぜ?原因や治し方について解説




みなさんのすべての心配事を考慮して治療しております。

Smile Design Clinic 院長 岩下太一 【執筆・監修者】

Smile Design Clinic 院長
(スマイルデザインクリニック)

岩下太一
(歯学博士)

審美歯科学会 認定医
インビザライン
プラチナ認定ドクター
(マウスピース矯正)

経歴はこちら




前歯がギザギザなのは異常?生えたての前歯は全てギザギザです

実は前歯というのは、全てギザギザの状態で生えてきます。乳歯が抜けて永久歯が生えてくる時、永久歯の先端はギザギザとした状態で生えてきます。

永久歯が生えたての時のギザギザのことを、歯科用語で「切縁結節(せつえんけっせつ)」と呼びます。永久歯が生えてきた際には必ず切縁結節により歯がギザギザとした状態になりますが、これ自体はなんら問題なく正常な状態です。

本来であれば、永久歯が生えてきてから2年〜3年ほどで、上下の歯の噛み合わせの力により自然に研磨され、切縁結節は無くなって平らな歯になっていきます。


前歯がギザギザのままなのは噛み合わせが悪いサインかも

永久歯が生えてきてから2年~3年ほどの間、切縁結節により歯がギザギザなのはごく自然な状態です。しかし何年経っても歯がギザギザのままだというのは、問題があるかもしれません。

通常、上下の歯の噛み合わせで自然に研磨される切縁結節が、そのまま残ってしまっているのは、上下の歯の噛み合わせに問題がある可能性が高いです。

上下の歯がしっかりとかみ合わさっていなければ、切縁結節が自然に研磨されずに、ギザギザのままで残ります。

切縁結節による歯のギザギザは、単に見た目が悪くなるという問題だけでなく、噛み合わせが悪いことのサインなのです。噛み合わせが悪いままで放っておくと、顎関節症の原因となったり、特定の歯にだけ強い力がかかって歯が破折する原因になることがあります。


食事が原因で歯がギザギザの可能性も?

切縁結節により歯がギザギザの場合、かみ合わせの問題だけでなく、食生活が原因という場合もあります。

現代の食生活は、硬いものを食べる機会が減少し、柔らかいもの・すでに細かく調理されたものを食べることが多くなってきています。その結果として、前歯で食べ物を噛み切る習慣がつかず、噛み合わせは正常なのに前歯を使っていない、という状態が起こり得ます。

この場合は意識的に硬い食べ物を食べるようにしたり、前歯を使うようにすれば、自然とギザギザが研磨されて改善されることもあります。


切縁結節以外にも?前歯がギザギザになるもう一つの原因

切縁結節による前歯のギザギザは、元々ギザギザの歯が研磨されずにそのまま残っている状態です。対して、しっかりと平らな状態になった歯が、後からまたギザギザになってしまうことがあります。

その主な原因となるのが『酸蝕症』です。酸蝕症とは、酸性度の高い食事(スポーツドリンクや柑橘類など)を長期間に渡って食べたり飲んだりすることで、酸によって歯のエナメル質が溶けてしまう症状です。

また大人の方の酸蝕症の原因で多いのが、嘔吐による酸蝕です。お仕事でお酒を飲む方や、普段からお酒を飲んで吐いてを繰り返してしまうような方、拒食・過食症状があり食後に嘔吐してしまう方など、大人になってから嘔吐癖がついている方は以外に多いです。

嘔吐の際の吐瀉物に含まれる胃液の酸は非常に強力で、何度も繰り返す内に歯を溶かしてしまいます。

切縁結節が原因で歯がギザギザな場合は、そのままにしておいても自然と治る場合もありますが、酸蝕症が原因の場合は治ることはありません。むしろそのままにしておくと、どんどんと悪化していきます。

初期の酸蝕症であれば、食生活を改善することで、進行を防ぐことができます。ある程度まで酸蝕症が進行してしまうと、歯のエナメル質がボロボロになってしまい、知覚過敏を引き起こしたり歯がひび割れて破折してしまうこともあります。

歯がギザギザで困っている、という方は以下を必ず覚えておいてください。
  • 生えてきた時から歯がギザギザ:切縁結節によるもので緊急度は低いが治療した方がいい
  • 平らだった歯がギザギザになってきた:酸蝕症の可能性が高く治療の緊急度が高い
以下では、具体的な治療法について解説します。歯がギザギザな状態で心配だという方は、以下も併せてご覧くださいね。


ギザギザな前歯の治療方法|削って直すのは間違い?

前歯がギザギザになっている原因は、上述した通り、大きく分けて以下の二つです。
  • 切縁結節が残っている
  • 酸蝕症でエナメル質が削れている
前歯がギザギザでお困りの患者様からよくご相談いただくのは、『前歯がギザギザだから削って平らにして欲しい』という内容です。実は削って平らにするというのは、あまりおすすめできない場合があります。歯を削るということは、それだけ歯が薄くなるので、神経が露出してしまうリスクが高まるということです。

特に酸蝕症により歯がギザギザになっている場合は、すでにエナメル質が溶けて歯の厚みが無くなってきているので、単純に削って平らにするだけでは神経が露出し知覚過敏になったり、歯髄に細菌が入り込んで虫歯になる原因を作ってしまいます。

また切縁結節が残っている場合も、単純に歯を削るだけでは治療として不十分な場合があります。そもそも切縁結節が残っているのは、かみ合わせが悪くうまく歯と歯が当たっていないことが原因です。歯を削って見た目だけを綺麗にしても、根本的な問題が解決されていないため、噛み合わせが原因で今後他の問題が発生するかもしれません。

そこで当院では、以下の2つの治療のうち、患者様の症状に合ったものをおすすめすることが多いです。 それぞれの治療について以下で解説するので、続けてご覧ください。


セラミック矯正で歯を削って被せ物をする

酸蝕症によって前歯がギザギザになっている場合、すでに前歯が弱くなってしまっている可能性があります。また酸蝕症でエナメル質が溶けているため、虫歯などになっている可能性が高いです。

こういった場合、歯を削って見た目を綺麗にしても、歯そのものが弱まっていたり虫歯のリスクが高まっているため、治療後に歯に問題が出てしまうことがあります。

このようなリスクが高いと判断した場合には、前歯をセラミック矯正で治療することが多いです。

酸蝕症は食生活を改善したり、嘔吐癖を直さない限り、根本的な原因は解決されません。歯を削って綺麗な見た目になっても、酸蝕症そのものが治らなければ、また歯がギザギザになってしまいます。

そこで溶けることのないセラミックの歯に置き換えてしまうことで、酸蝕症による見た目への影響を最大限に抑えます。セラミック矯正で使用するセラミックの被せ物は、非常に審美性が高く、天然の歯とそっくりな美しいお口元を実現できます。

→当院のセラミック矯正について



酸蝕症が治っていて虫歯などがなければラミネートベニアでも治療可能

セラミック矯正の一種で、ラミネートベニアという治療があります。ラミネートベニアとは薄い板状のセラミックを歯の表面に貼り付けるようにして、歯の見た目を改善する治療法です。

イメージしづらいかもしれませんが、付け爪の要領だと思ってもらうのが良いでしょう。ラミネートベニアは通常のセラミック矯正と比べて、歯をほとんど削りません。歯を削る行為は歯の寿命を縮めてしまう原因となるため、できれば歯をあまり削らない治療を選択したいところ。

酸蝕症そのものが改善されていない方の場合は別ですが、酸蝕症がしっかりと改善されており、あとは歯の見た目を整えるだけで良い場合であれば、ラミネートベニアも一つの選択肢として取り入れられる場合があります。


歯列矯正で噛み合わせを改善してから切縁結節を研磨する

前歯がギザギザな理由が切縁結節によるものであれば、当院では歯列矯正をした後に切縁結節を研磨して、自然な見た目にすることをおすすめしています。

切縁結節が残っているという方はほとんどの場合、歯並びが悪くかみ合わせがうまくいっていません。その状態を放置して切縁結節を削っただけでは、噛み合わせが悪いことが原因で他の問題が起きる場合があります。

噛み合わせが悪いと、以下のような問題が起きることがあります。
  • しっかりと噛めない
  • 歯の清掃性が悪く虫歯や歯周病になりやすくなる
  • 開咬の場合は口呼吸になりやすく口臭の原因になる
  • 顔貌が悪くなる場合も
  • 顎関節症などの問題が起きる
  • 滑舌が悪くなり綺麗に発声発音ができない
このような問題を起こさないために、歯列矯正を行って噛み合わせをただします。

また歯列矯正を行い歯並びが綺麗になった上で、周りの歯の高さに併せて切縁結節を研磨することで、より綺麗なお口元を実現することができます。


マウスピース矯正インビザライン


まとめ:前歯がギザギザなのは意外な問題のサインかもしれません

こちらのページでは、前歯がギザギザな原因と、その治療法について解説しました。

前歯は永久歯が生えてくる時にギザギザの状態で生えてきます。このギザギザを切縁結節と言いますが、通常は噛み合わせによって自然に研磨されます。噛み合わせが悪いと切縁結節が研磨されずに残って、歯がギザギザのままになってしまいます。

この場合は歯列矯正で噛み合わせを改善し、その後綺麗になった歯列の高さに合わせて切縁結節を研磨することで、より美しいお口元を実現できます。

前歯がギザギザになるもう一つの原因として、酸蝕症が挙げられます。酸蝕症は食事に含まれる酸や、嘔吐の際の胃液の酸によって、歯のエナメル質が溶けてしまった状態です。

酸蝕症が改善されなければ、いくら歯を削ってギザギザを治しても、また歯が溶けてギザギザになってしまいます。そのため酸蝕症に改善が見られなければ、歯全体をセラミックの被せ物で覆い隠してしまい、審美性をよく見せるという方法を取ることが多いです。

酸蝕症が改善されている場合は、セラミックを歯の表面に貼り付ける、ラミネートベニアという治療を行う場合もあります。

今すぐギザギザの前歯を治したいという方は、是非当院にお越しください。大阪は帝塚山の当院スマイルデザインクリニックでは、前歯の治療を検討中の方への無料カウンセリングを実施しております。カウンセリングでは患者様がご納得の上で治療を受けられるように、どんな踏み込んだご質問にも、誠心誠意回答させていただいております。ぜひ当院のカウンセリングをご活用ください。


選ばれる5つの理由








REASON 1


安心できる無料カウンセリング


実際に患者様のお口の中を見せて頂き、インビザライン認定医がどのような治療が必要か、インビザラインでの治療についてもしっかりと説明させて頂きます。必要に応じてレントゲンやCT撮影、口腔内写真も行いますが、無料ですので安心して起こしください。
安心できる無料カウンセリング

REASON 2


日本歯科審美学会の認定医
審美歯科を専門で10年以上の経験


セラミック治療は繊細な手技が多く、色や形の経験やセンスも非常に要求される治療です。当院の院長は自費診療のみを10年以上行っており、日本歯科審美学会の認定医でもあります。安心しておまかせください。(審美歯科は自費診療となります。その際のリスク、副作用をしっかりと納得した上でお受けください。)
日本歯科審美学会の認定医

REASON 3

トリートメントコーディネーター
患者様の心のケアー


患者様の立場で親身に相談できるトリートメントコーディネーターがあなたに寄り添いお話を伺います。ドクターには少し話しにくいことでも何でも相談してください。当院は患者様との会話を大切にし、心のケアーも重要だと考えております。どうか安心してお任せください。
トリートメントコーディネーター

REASON 4

コロナウイルス予防の完全個室
他の患者様とほとんど会いません


当院は完全個室のプライベート空間24時間換気を行いながら治療を行います。また完全予約制なので他の患者様と同じ空間にいることがほとんどありません。お会計も各個室で行うことが基本で、入室の際も必ず手指のアルコール消毒を行って頂いております。
皆様のお身体の健康を第一に考えながら、お口の健康を取り戻して頂くためスタッフ一同精一杯治療させて頂いております。

詳しくはこちら

コロナウイルス予防のプライベート空間

REASON 5

進化し続ける矯正治療 『インビザライン』
気づかれない、取り外せる、
痛みが少ないマウスピース矯正


周りに気づかれない、痛みも少ないカスタムメイド型マウスピース矯正『インビザライン』を取り入れており、治療前に未来の歯並びを見ることもできます。6歳から大人まで使用することができ、口腔内スキャンiTeroを用いて印象を行いAIで算出された治療計画を元に周りに気づかれないマウスピース矯正を提供します。  詳しくはこちら
進化し続ける矯正治療 『インビザライン』

セラミック矯正治療の流れ

STEP1 無料カウンセリング


あなたのお口のお悩みを伺います。どうなりたいか、治療でわからないことなど何でも聞いてください。治療内容や料金の説明等など細かに説明させて頂きます。
  無料カウンセリング



STEP2 検査(データ収集)


セラミック矯正治療を行うための検査をします。お口の中のお写真やレントゲン撮影、頭や顎のセファロ分析、CT撮影、模型印象などを採らせて頂きます。
  検査(データ収集)



STEP3 診断 → 治療スタート


検査の結果を説明します。治療内容、期間、費用、同意書等の了承後、セラミック矯正治療を開始します。ここからが、スタートです。共に頑張りましょう。
  診断 → 治療スタート



STEP4 通院


マウスピースをお渡して、治療を行っていきます。1〜3ヶ月ごとに来院して頂き、お口の中をチェックし経過観察を行います。
  通院



STEP5 治療終了


お疲れ様でした。セラミック矯正治療終了後は歯を動かないようにするために保定装置をつけます。当院では定期的に噛み合わせやクリーニングを行いメンテナンスでお口の健康を保ちます。
  治療終了



*インビザライン治療を代表に矯正治療はすべて自費診療となります。そのリスク・副作用をすべて理解したうえで治療を受けてください。当院はそれらについてすべて詳しく説明を行いますのでご安心しておまかせください。無料カウンセリングもございます。お気軽に起こしください。


笑顔の矯正ライフをあなたに

当院は患者様との会話を大切にしております。そして、あなたの心も大切にします。安心しておまかせ下さい。一緒に口元のお悩みを解決してあなたが本来持つ素敵な笑顔を手に入れませんか。スマイルデザインクリニックは患者様の矯正ライフを全力でサポートさせて頂きます。




Smile Design Clinic メンバー





アクセス

〒545-0037
 大阪府大阪市阿倍野区帝塚山1丁目2-4
E-Mail:sdclinic@smiledesignclinic.jp
Tel:06-6627-3030

阪堺電気軌道上町線 姫松駅 徒歩2分
南海高野線 帝塚山駅 徒歩10分
地下鉄御堂筋線 西田辺 徒歩20分

駐車場2台までゆったり停めることができます。
詳細はアクセスのページをご覧ください。


<阪堺電気軌道上町線>
天王寺駅前−阿倍野(阪堺電軌)−松虫−東天下茶屋−北畠−姫松−帝塚山三丁目−帝塚山四丁目−神ノ木−住吉

<南海高野線>
なんば−今宮戎−新今宮−萩ノ茶屋−天下茶屋−岸里玉出−帝塚山−住吉東−沢ノ町−我孫子前−浅香山−堺東−三国ヶ丘−百舌鳥八幡−中百舌鳥−白鷺−初芝−萩原天神−北野田−狭山−大阪狭山市−金剛−滝谷−千代田−河内長野−三日市町−美加の台−千早口−天見−紀見峠−林間田園都市−御幸辻−橋本−紀伊清水−学文路−九度山−高野下−下古沢−上古沢−紀伊細川−紀伊神谷−極楽橋−高野山

<南海本線>
なんば−新今宮−天下茶屋−岸里玉出−粉浜−住吉大社−住ノ江−七道−堺−湊−石津川−諏訪ノ森−浜寺公園−羽衣−高石−北助松−松ノ浜−泉大津−忠岡−春木−和泉大宮−岸和田−蛸地蔵−貝塚−二色浜−鶴原−井原里−泉佐野−羽倉崎−吉見ノ里−岡田浦−樽井−尾崎−鳥取ノ荘−箱作−淡輪−みさき公園−孝子−和歌山大学前−紀ノ川−和歌山市

<御堂筋線 Osaka Metro>
江坂−東三国−新大阪−西中島南方−中津−梅田−淀屋橋−本町−心斎橋−なんば−大国町−動物園前−天王寺−昭和町−西田辺−長居−あびこ−北花田−新金岡−なかもず

奈良方面より
<JR関西本線 大和路線>
奈良−郡山−大和小泉−法隆寺−王寺−三郷−河内堅上−高井田−柏原−志紀−八尾−久宝寺−加美−平野−東部市場前−天王寺(乗り換え)

和歌山方面より
<JR阪和線→南海高野線>
和歌山−紀伊中ノ島−六十谷−紀伊−山中渓−和泉鳥取−和泉砂川−新家−長滝−日根野−熊取−東佐野−和泉橋本−東貝塚−東岸和田−下松−久米田−和泉府中−信太山−北信太−富木−鳳−津久野−上野芝−百舌鳥−三国ヶ丘(乗り換え)→<南海高野線>−堺東−浅香山−我孫子前−沢ノ町−住吉東−帝塚山